運動不足は身体にさまざまな悪影響を与えるとされています。現代人は従来よりも動かなくても目的を解決できることが多くなっています。例えば昔は何か情報を得るためには自分の足で動いて本などを購入して情報を得る人が多かったです。しかし、今では電子書籍インターネットがあるので、知りたい情報を手元の端末やパソコンで知ることができます。動かなくても情報を得られるので運動不足に陥る人は多いです。

仕事においても同様で、今ではデスクワークというお仕事がありますがお仕事の大半を椅子に座って机に設置されているパソコンのキーボードを打ち込んでお仕事をすることが多いので身体を動かす機会は少なくなります。運動不足という言葉を目にし、または耳にする人は大人の運動不足について考える人が多いですが、今は大人だけでなく子供も運動不足に陥っている人が多いです。

子供が運動不足になるわけがないと思う人もいます。が、今現在お子さまが暮らす生活は従来に比べて大きく変化しています。例えば昔は発展の途中であったため空き地などが数多くあり、その空き地で鬼ごっこやかくれんぼをして遊ぶことができました。しかし、現在の子供はそのような広い空き地は少なくなっています。また、テレビ機器の浸透によって外に出なくても友達とオンラインでゲームの中で遊ぶことができるようになりました。

そこで、このような子供の運動不足を少なくするために親御さんの中にはスポーツクラブのキッズスクールに子供を通わせている人もいます。